最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

フジテレビこそ“迷惑フレンズ”だ!他局の人気アニメに便乗でファンが激怒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気凋落のフジテレビがまたまたやってくれた。人気アニメの「けものフレンズ」に便乗してファンからの怒りを招いたというのである。5月15日に放送された「痛快TVスカッとジャパン」での1シーンについてアニメに詳しいライターが指摘する。

「スーパーでの迷惑客を取り上げたコーナーで突然、同アニメの主題歌である『ようこそジャパリパークへ』が流れだしたのです。すると画面には同曲の歌詞をもじったテロップが現われ、さらには『迷惑フレンズ』という単語まで飛び出す始末。もちろん番組の内容と『けものフレンズ』には何の関係もなく、しかも迷惑客というネガティブなイメージに重ねてきたのには呆れましたね」

同コーナーでは曲名をもじった「ようこそクレームパークへ」というテロップが登場。曲冒頭の「今日もドッタンバッタン大騒ぎ」という歌詞を「迷惑客でどったんばったん大騒ぎ」と言いかえるなど、タチの悪いパクリが続いた。しまいには「迷惑フレンズをスカッと成敗」と締めたのだから、一体どちらが迷惑なのかとファンが激怒するのも当然だろう。

「しかも自局のアニメをネタにするならともかく、同作品はテレビ東京系ですから、他局に便乗したあげくに迷惑をかけた形に。ファンからは『作品が汚された』という反発のほか、『視聴率欲しさにすりよってきたのか』とフジテレビをさげすむ声も飛び出す有様です」(前出・ライター)

まさかフジテレビ側は「けものですもの 大目に見ててね」(同主題歌の歌詞)と言って逃げるつもりだろうか。

(白根麻子)

外部リンク(アサ芸プラス)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

アニメ・マンガ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス