最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

『貴族探偵』、嵐・相葉が「端役」生瀬に食われ透明人間状態…月9史上最低視聴率が目前

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 月曜夜9時台放送のフジテレビ系連続テレビドラマ枠、いわゆる“月9”の今クール作で、相葉雅紀が主演を務める『貴族探偵』(フジテレビ系)第5話が15日に放送され、平均視聴率8.0%(ビデオリサーチ調べ/関東地区、以下同)となり、第4話(同8.9%)から約1%の大幅ダウンに終わった。これで4話連続での一桁台となり、前クールの『突然ですが、明日結婚します』が記録した“月9史上最低視聴率”である5.0%を下回る懸念も浮上している。

玉村依子(木南晴夏)の紹介で、大富豪・桜川鷹亮(竜雷太)の屋敷を訪ねる高徳愛香(武井咲)。鷹亮の外孫にあたる豊郷皐月(加藤あい)に歓待され、今日は鷹亮の直系の孫・桜川弥生(北香那)の花婿選びの儀式の日だと聞かされる。花婿候補達がキジ狩りをし、最初にキジを射止めた者が第一候補になるのだが、最終的には弥生が花婿を選ぶというもの。

時代錯誤な儀式に違和感を持ちつつ、貴族探偵(相葉雅紀)のことを聞き出すことが目的の愛香は、鷹亮の部屋に呼ばれて気合充分。しかしそこには貴族探偵がいた。鷹亮とは旧知の仲で、花婿選びを見届けることになったという。さらに鷹亮の提案で愛香も同席することとなる。

キジを射止めた金山俊市(忍成修吾)と、ほかの花婿候補たちが互いにけん制し合う空気のなか、キジの生き血を飲む儀式の直後に金山が大量の血を吐いて倒れた。意識を失う寸前に残した「うつき」という血文字を元に、愛香や駆けつけた鼻形雷雨刑事(生瀬勝久)は犯人捜しをはじめる。鼻形は皐月に一目惚れし、いつも以上に気合が入っていた。

桜川家の使用人、愛知川親子から話を聞きつつ、推理をする愛香。「うつき」というのは毒性の野草「毒うつぎ」を指していて、金山自身が集めていたものだと結論を出す。事件の核心に近づいたとき、花婿候補3人が次々と殺害される。この惨状をみて貴族探偵は「どうやらこの屋敷には獰猛なオオカミが潜んでいるようですね」と呟くのだった。

産後復帰となる加藤あいをゲストに迎えて、2話連続で描かれる桜川家の殺人事件。その前半戦、今回は殺人事件が起きるまでのお話。謎解きは来週なので、今回は貴族探偵の使用人たちの出番はなく、物語の後半に佐藤(滝藤賢一)が扉を蹴破るだけの役割で登場した。

●鼻形刑事の活躍

お笑いパート担当である使用人が不在のなか、その代わりに炸裂したのが鼻形刑事と常見慎吾(岡山天音)。今回はこの2人の漫才を見せてもらっているようだった。これまで、“ちょっとだけ出るから面白い”感じだった2人が、がっつり出ても面白いことを証明してくれた。久々にドラマを見て声を出して笑ったような気がする。

泣かせるよりも笑わせることが難しいといわれる演技の世界。確かに、笑わせることができる俳優は息が長い。「寅さん」も「浜ちゃん」も、笑わせて、愛されて、国民的キャラクターになった。鼻形刑事は国民的キャラクターを狙っていないだろうが、完全に笑いを狙っているのに、狙い通りにちゃんと笑わせるからすごい。もう、相葉は完全に食われてしまい、存在感ゼロの透明人間状態だ。

生瀬は鼻形のようなキャラクターを求められることが多いので、飽きられてしまうリスクを背負いながらやりきるところがさらにすごい。岡山天音も難しい役割をちゃんと担っている。常見のポジションは本当に難しいと思う。下手すると生瀬の演技まで崩してしまう危険性があるが、作品の邪魔をせず、笑いを取りながら、鼻形刑事を引き立てる演技をやりきっている。

2人の演技を見て考えさせられた。笑いを取りにいって失敗する演技と、本当に笑わせてくれる演技のどこに違いがあるのか。

個人的な見解だが、生瀬や岡山は「笑わせる」ことを第一の目的にしていないから成功しているような気がする。「笑い」は副産物で、鼻形という人物の思考・行動・性格を徹底的に考えて「鼻形ってこういう人ですよ」と真面目に演じているだけなのではないか。常見も同様である。「笑わせたい」という思惑を、一度完全に捨て去れるかどうかが分かれ道のような気がした。

皐月に恋した鼻形が、来週どんな行動に出るのか、後半戦がますます楽しみだ。
(文=西聡美/ライター)

外部リンク(ビジネスジャーナル)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス